2017年05月20日

旅日和!

いいお天気!
今日から四日市、名古屋ツアーです。
気持ちのよい春の日の宵、ぜひバンドネオンの響きを楽しんでください。
お待ちしています!

5/20(土)ターヴァラカルダ オオノ
http://unbretta.exblog.jp
四日市市元町9ー14

小川紀美代(Bn)solo
18:00 open/19:00 start 4000yen(無国籍な料理と1ドリンク付き)

追加のドリンク、アラカルトも料理もご用意してお待ちしております 。
いつもと違うオオノをお楽しみください。

ご予約、お問い合わせ:059ー354ー9350(ターヴァラカルダ オオノ)

5/21(日)石窯パン・和みカフェゆるり
https://www.facebook.com/pancafe.yururi/
四日市市広永町1153

小川紀美代(Bn)solo
18:00 open/19:00 start charge 3000yen

ゆるりの石窯パンと、「vegan cuisine Very Vegey」のオーガニックな野菜創作料理、小さなスイーツをお楽しみいただきます。
ドリンク代は別途。(コーヒー、紅茶、グラスワイン等ご用意いたします。)

ご予約、お問い合わせ:059‐364‐7765(ゆるり)

5/23(火)名古屋 森の響
日進市米野木町南山973ー13
https://morinooto.jimdo.com
小川紀美代(Bn)solo

昼の部 14:00 start
夜の部 18:30 start
2800yen(ケーキ、ドリンク付き)

お問い合わせ、ご予約:0561-73-8763(森の響)

18009484_844128559058895_2066041540_n.jpg
posted by kimiyobandoneon at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ブエノスのラジオ放送

昨日のアニバルトロイロの命日に、お孫さんのフランシスコに新曲”18 de Mayo”を録音して送りました。
何度かメールのやり取りをして、
escucharemos、かあ。
mosってことは複数形だから、今日集まる親戚とかと墓地で聴いてくれるのかなあ。
と。

で、今朝来ていたメールでびっくり、なんとブエノスのFM局でのトロイロ追悼番組で流れるという、、、、
18:00PM!でことは今日本は6:00AM!早起きでよかった!笑
と、インターネットラジオを開いてご飯を食べていると、、、、、、
ああああああああ。
流れてきました。
出来たての新曲、初めての宅録音源が汗!
伝説の名演奏やマエストロたちの演奏に混じって、地球の裏側から(涙)。

リアルタイムでフランシスコとやり取りをして、
「あなたの曲の世界初演になったよ!おめでとう!」。。。。。。。。。
チャカリータ墓地でスマホ片手におじいちゃんに聴かせてるかと思いきや、やっぱりスケールがでかかった!

あまりのことに、アルゼンチンに一緒に行った生徒ちゃん達に連絡、Facebookのメッセンジャーで奇跡の朝のひと時を共有しました。
ラジオ聴きつつ同時通訳してくれた翔くん。
今か今かとドキドキしてくれた生徒ちゃん達。
アルゼンチンの旅がよみがえりました、、、、

そしてなんと、放送の瞬間を生徒の島津さんがまさかの録画!笑。
Youtubeにアップしてくれたのがこの動画です。

いろいろと気恥ずかしいのですが笑、聴いてください。
最後にパーソナリティーが言った言葉、
「音楽には国境も、距離も、時代もない」
が、グッときました。

まだ感激中です。
聴いてみて!
https://youtu.be/rUlDsqSRYP8

写真はフランシスコから送られてきたトロイロのお墓と墓石。

20170518_112817.jpg

20170518_112822 (1).jpg

16788937_1651903105106197_7131949785220644864_n.jpg
posted by kimiyobandoneon at 19:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

5月18日

ブエノス滞在中に知人のサプライズでタンゴの神様、アニバルトロイロのお孫さんのフランシスコさんを紹介してもらった。
挑戦、というほどのことではないけれど、タイトルも告げずに次々と自分の曲を弾いてみた。
私は保守的なタンゴ界のいろいろにはあまり興味はなかったけれど、彼は私の弾くソロを真剣に聴いてくれた。
そして、率直な感想をそれぞれの曲に対して丁寧に言ってくれたばかりではなく、生徒ちゃんや応援団も含め、トロイロの事務所や国立タンゴアカデミー、タンゴ博物館、タンゴにゆかりのある素敵なレストランにも連れて行ってくれた。
いく先々で、「ここで弾いて」と言われ、トロイロのバンドネオンでも演奏させていただいた。

興味はない、などと言っておきながら、ほぼ独学で学んだ自分は、タンゴの世界に少なからず、コンプレックスを持っていた。
でも、今回の出逢いは大きな自信につながった。
本物、本流は深くて大きい。
そして、もっともっと勉強したいと思った。

実はトロイロ関係のコンサートを日本で開催したいという企画があり、GWに日本の知人とアルゼンチンの協力者、フランシスコや国立タンゴアカデミーの面々がミーティングをしていた。
素晴らしい内容のコンサートなのだが、いかんせん、遠い。
往復の旅費やコストを考えると、スポンサーがしっかりしていないと実現はなかなか難しそうだ。
そんなやり取りの中、もどかしい気持ちとともに、新曲を書いていた。
つい先日完成し、まだ出来たてホヤホヤを昨日、録音してみた。

今日は5月18日。
アニバルトロイロの命日にちなんで、曲のタイトルを”18 de Mayo”にした。
昨日、ブエノスのフランシスコに録音したものを送った。
まだまだ荒削りだけど、、、、
とても喜んでくれて、命日の今日、祈りの曲としてチャカリータ墓地でみんなで聴くよ!との返事が来た。
嬉しい。
トロイロも、聴いてくれるかな。

本当に自分の気持ちを伝えたかったら、自分にしかできないことを必死にやるしかないんだと思う。
そして、音楽、というツールがあって、本当に良かった。

この曲は今週末からの四日市、名古屋ツアーでも弾きたいと思っています。

16472900_10206233861125033_3864618828844516627_n.jpg
posted by kimiyobandoneon at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする