2018年05月22日

ものもらい

疲れが出たのか、5月18日の追悼ライブの夜からおっきなものもらい(霰粒腫)が右目にできてしまいました。
まばたきする度に顔面右半分に激痛が、、、、昨日、眼科に行ったら「これは痛いね」と。。
実は明日、10月の公演用の撮影があるんです(泣)。
あまり薬は飲みたくないけど、2種類の目薬と抗生物質でただいま手当中。
明日までになんとかなりますように!

エルチョクロでのライブ中、尋常でない目の霞で譜面が見えなくなったりしてたけど、この前兆だったんだな、、、
10年に一度くらい(笑)非常に疲れた時にやられます。
大使館後援が無事受理できたこと、追悼ライブが終わったことで出ちゃったんだなーきっと。
休めってことです。。

とはいえ、諸々連絡事項や事務仕事は休むことはできず、今はアルゼンチンのフランシスコと「パンフレット用の写真と日本のタンゴファンに向けてのご挨拶文」で格闘中。
彼は演奏家ではないので「プロフィール写真」と言うのが今ひとつわからないらしい。
3日に及ぶやりとりで、最善の写真はこれ笑。
「ご挨拶文」はさっき、音声で送られてきていたので!「テキストでポルファボール」と伝えました。

と、一つ一つ進めています。
ぼちぼちやります。

a2ced42d-c4a3-4c39-ac51-181243b70900.jpg
posted by kimiyobandoneon at 08:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

ブエノスアイレスの5月18日

ブエノスアイレスの5月18日。
チャカリータ墓地にてアニバルトロイロの親族と友人のみの追悼式の写真が送られてきました。

うーん。さすがのゴルドファミリア!(笑)

842de290-c7b4-4465-bbc3-7271cdb73b0a.jpg

c7e51252-dfb1-415a-8c36-bcec08b696b4.jpg

今年も5月18日にはブエノスのFM曲で追悼番組が流れました。
孫のフランシスコ氏も出演し、10月の日本公演への旅についての話をしてくれたそうです!

Pichucoのバンドネオンを持って座っているのはパーソナリティーのLuis Formento氏。
大きな方が(笑)10月に来日するフランシスコです。

8e3d89f5-7f9f-4896-9f80-0b9f76348857.jpg
posted by kimiyobandoneon at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

アルゼンチン大使館の公演が決まりました

先ほど、アルゼンチン大使館から10月の”Encuentro con Anibal Troilo 2018”への後援受理書類が届き、正式に日亜修好120周年記念事業として大使館の後援を頂く運びになりました。

トロイロへの追悼曲「5月18日」を書いてから1年。
無我夢中で音楽を創り、慣れない公演企画を一から立ち上げ、手探りでもがいてきました。
不安に押しつぶされそうになったり、予想外の出来事に焦ったり。
もうだめだ、、、という時、グッとこらえて頑張れたのは、周りで支えてくれているみんながいたから。

そして昨日、Cuarteto Pichucoタンゴ四重奏団がついに始動。
新しい音楽が、始まりました。
会場が一体になった、素晴らしいライブになりました。
ご来場のみなさま、本当にありがとう!
そして、素晴らしいメンバーに感謝!

映画”Pichuco”の日本語字幕版制作も、友人の協力で進み始めています。

一週間に渡る全国各地でのコンサート、各会場のご協力で一つ一つが人と人とを音楽でつなぐ、素晴らしい企画に育ちつつあります。

最初は正直、「大変なことを引き受けてしまった。。。」という気持ちもありました。
でもこのプロジェクトを進めていくにあたって、たくさんの方と関わり、意見を交換したり考えたり、そして音楽を創っていくその過程が、かけがえのない財産なのだと思います。

トロイロは「出逢いの音楽家」と呼ばれているそうです。

トロイロのバンドネオンが日本にやってくる。ということで、私たちは色々な出会いを経験していくことになりそうです。

命日の5月18日、天国から大きな力をもらった気がしました。

今日は少しお休みして、これからのために充電します。
これも必要なこと。

32892515_2049452585297126_6206759103188959232_n.jpg
posted by kimiyobandoneon at 11:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする